[Japanese / English]

瓜 生 大 輔 (うりうだいすけ)
[research blog] [blog]

東洋大学ライフデザイン学部人間環境デザイン学科 助教
慶應義塾大学大学院メディアデザイン研究科 リサーチャー

■ 葬送・供養・追悼のためのデザイン事業紹介サイト

tomurai.katadol.tokyo

プロフィール

瓜生 大輔(うりう だいすけ)1983年11月1日生まれ、愛知県名古屋市出身。両親の転勤を期に、6歳から22歳まで埼玉県川越市で暮らす。私立開成高等学校卒業後、2002年、慶應義塾大学総合政策学部(SFC)に入学。奥出直人研究室に所属し、2006年に政策・メディアデザイン研究科修士課程に進学。ユビキタスコンピューティング、インタラクションデザイン、デザイン思考などを学び、SIGGRAPH、Ubicompなどの国際学会での発表を経験。2008年、應義塾大学大学院メディアデザイン研究科(KMD)設立とともに後期博士課程に進学。進学と同時に結婚、東京都世田谷区に新居を構える。センサー内蔵型フライパンを用いた調理支援システムpanaviの開発に従事し、研究成果をまとめた論文がヒューマン・コンピューター・インタラクション研究に関する最難関の国際学会とされるCHI2012に採択される。2011年にKMDを単位取得退学後、シンガポール国立大学 Keio-NUS CUTE CenterにてResearch Associateとして勤務。帰国後、KMD特任助教に就任。博士研究として、2010年にロウソクをインターフェイスとする祭壇「ThanatoFenestra」を制作。さらに家庭内での使用を考慮してデザインした「Fenestra」を2013年に制作。Fenestraがもたらす供養の経験を博士論文にまとめ、2014年2月に博士号(メディアデザイン学)を取得。2014年に東京都練馬区に移住。2016年4月より東洋大学ライフデザイン学部人間環境デザイン学科に赴任。2016年5月には博士研究をまとめた研究論文がCHI2016にてHonorable Mention賞を受賞。日本宗教学会などで学術研究発表を行う傍ら、これまでのデザインの経験と研究成果を活かした商品企画・デザインに携わる。

業績

業績リスト

ポートフォリオ

ビデオポートフォリオ(powered by vimeo

作品

ThanatoFenestra ThanatoFenestra
Fenestra (2014)
ThanatoFenestra ThanatoFenestra
ThanatoFenestra (2010)
phorol phorol
PHOROL (2009)

panavi (2009)
caraclock caraclock
CaraClock (2006)
mastaba mastaba
MASTABA (2005)
sound candy sound candy
Sound Candy (2006)
moo-pong moo-pong
moo-pong (2004)
kayagomori kayagomori
カヤゴモリ (2004)
■ プロジェクト
marmot marmot
もるもっと(バンド) myspace
■ 所属

東洋大学ライフデザイン学部人間環境デザイン学科
慶應義塾大学大学院メディアデザイン研究科

info: daisuke (at) katadol.tokyo
Copyright (C) 2004-2016 Daisuke URIU. All Rights Reserved.