もるもっととは

1999年東京都内の高校で結成され、度重なる活動休止とメンバーチェンジを乗り越えながら楽曲を積み重ね、独特の世界観を描いているバンド。結成当初からすべての楽曲の作詞作曲を担当する瓜生を中心とした、まったく統制のとれてない4人が不思議な音楽を奏でている。

メンバー

瓜生 大輔(guitar & vocal)♂ 1983年11月1日生まれ A型
山田 真琴(bass guitar)♀ 1982年11月28日生まれ A型
越野 恵里加(keyboard)♀ 1982年10月6日生まれ A型
菊池 秀隆(Drums)♂ 1965年4月20日生まれ A型

歴史

1999 春 スリーピースバンドとして結成
1999.06 学校のオーディションで醜態をさらす
1999.07 無謀にもオリジナル曲を作り始める
1999.09.09 「デモ盤もるもっと」 配布
1999.09.15 秋葉原PAGOTAにて初ライヴ(死)
1999.09.25 文化祭でライヴ
1999.09.25 活動休止
2000.04 活動再開
2000.07.12 New EP 「こども注意報」 発売
2000.09.22 文化祭でライヴ
2000.09 不慮の事故により活動休止
2003.06 活動再開
2003.08 元Ba. 逃亡
2003.08-09 ファーストアルバムレコーディング
2003.09 Key. 越野恵里加 レコーディングに参加
2003.10.10 ファーストアルバム「鴨池恋模様」発売
2003.11.21 サポートメンバーを迎えて慶應義塾大学三田祭でライヴ
2004.02.12 下北沢BASEMENT BAR より本格的にライヴ活動再開
2004.04 Ba. Gopple 登場
2004.04 元Dr. 脱退
2004.07.04 初の自主企画「ネコヂタロックフェスティバル」モンドリー・ウッツと共催(於 下北沢CAVE-BE)
2004.07 Ba. Gopple 脱退
2004.07 Ba. 山田真琴 登場
2004.11 Dr. 菊池秀隆 登場
2004.12.23 New EP 『旅する子猫』発売
2004.12.23 「ネコヂタロックフェスティバル2」を開催(於 下北沢MOSAiC)
2005 しばし休業
2005.09.04 代々木 bogaloo にてウォーミングアップ開始
2005.12.17 「ネコヂタロックフェスティバル3」を開催(下北沢MOSAiC)
2006.05.06 遅ればせながら2006年初ライヴ(代々木bogaloo)
2006.11.03 「ネコヂタロックフェスティバル4」を開催(下北沢BASEMENT BAR)
2006.11.03 New ミニアルバム『ロシアのモルモット』発売
2008.12.21 「ネコヂタロックフェスティバル4.1」を開催(RInky Dink Studio お茶の水)
2009.12.05 新自主企画「マタタビクラブ」を開催(西荻窪TURNING)
2009.12.31 iTunes Store 限定配信『もるもっとフェスティバル』発売
2010.02.04 New アルバム レコーディング
2010.05.01 New アルバム『イキモノ行進曲』発表
2012.08.12 下北沢 Mona Records にて初のアコースティック編成でのライヴ
2016.03.31 New ミニアルバム『星ニナレナイEP』発売

リンク集

もるもっとニンジン日記

東京あみこタワー(『ロシアのモルモット』や『もるもっとフェスティバル』などのジャケット、さらに本サイトのイラストを手がけたボーカル・ギター瓜生の妻、阿弥子の作品ギャラリー)

モンドリー・ウッツ

peacehole

もるもっと